セラミド クリームお手頃さと効果の両立をふまえてランキング

本当に保湿効果が期待出来る美容成分のセラミドは、毎日化粧品の中で使って出来るだけみずみずしさを保つようにしたいものです。
いくら効果があったとしても高価すぎるものやクリームでも少量で高すぎるものはリピートが出来ないというデメリットがあります。

そんなセラミドを配合しているクリームはどのような基準で選び、無理なく毎日使うようにしたら良いのでしょうか。

セラミドの中でもおすすめはコレ

セラミドを配合しているクリームはたくさんの種類があります。
その中でも特に注目したいのは、ヒト型セラミドです。
ヒト型セラミドは、セラミド自体が元々は肌に存在している成分なので、その状態に限りなく近く、強力な保湿効果を発揮すると言われています。

そんなヒト型セラミドが配合されているクリームにはどのようなものがあるのでしょうか。
ホワイピュア 口コミにも注目

ヒト型セラミド配合クリームを紹介

アヤナスディセンシアは、敏感肌や乾燥肌に特化した化粧品で、吸収されやすいヒト型セラミドが配合されています。
セラミドが吸収されやすい状態になっているので、肌のバリア機能を強化してくれますし、肌の状態を健康かつ安定させるとも言われています。

トライアルセットも販売されていて、現在では10日分のセットを試す事が出来ます。

次にアスタリフトが挙げられます。
アスタリフトは富士フィルム独自のナノテクノロジーが生み出した超浸透セラミドを使用しています。
さらにナノアスタキサンチンを配合しているので、肌を強力に保湿し、若々しい肌を保ちます。

アスタリフトの効果はコエンザイムQ10の1000倍ものエイジングケアが出来ると言われていて、もちろん、トライアルキットも販売されています。

そして、ライスフォースが挙げられます。
ライスフォースが他の化粧品と決定的に異なるところは、厚生労働省より認められている医薬部外品成分のライスパワーNO11を配合していることです。

これは元々肌に存在しているセラミドを増やす効果があり、もちろん浸透力も抜群です。
そのため、肌の深部から潤うことを実感出来ますし、その肌をキープする事が出来ます。
美容のプロも認めるほどの実力あるものです。

セラミドは11種類も存在しています

セラミドは化粧品の中でも水溶性のローションよりも、油分を含んでいるクリームなどに多く使われています。
これはセラミドが脂溶性だからです。

しかしそのセラミドには11種類もの種類があって、どれをチョイスしたら良いかは素人には全くわからない領域です。

まだまだ解明されていない部分も多いので、一概にこれが良いと言いにくいのが難点ですが、セラミドと言っても明確な効果のあるセラミドが配合されているクリームを選ぶことがおすすめです。

ヒト型セラミドは価格と効果のバランスが良い

近年話題になっているヒト型セラミドは、肌内部に存在しているセラミドに限りなく近い状態に加工されているセラミドです。
そのため、浸透や効果を感じやすく、また価格帯も極端に高くならないことから人気になっています。

セラミドも天然のものや合成のものがありますが、それらを無理して買ったり、効果を感じないまま使うよりも、ヒト型セラミドを配合しているクリームに絞って化粧品を探して使う方が効率的です。

セラミドの具体的な役割とは?

セラミドは肌内部の細胞を繋ぎ留めてくれます。
その過程で水分を保つ働きが発生し、その持続性が高いことから保湿効果が高い成分として化粧品などに多く使われています。

肌内部の乾燥は外からは分からないものですが、そのまま進行していくとしわやくすみ、しみの原因になるので、今肌トラブルがないからと言って油断は禁物です。

セラミドをより効率的に

セラミドは元々肌内部に存在している成分なので、食品からも摂取することが出来ます。
体内で生成されるセラミドを応援してくれる食品は、主に色の黒い食品が多く、黒ゴマや黒豆、ゴボウ、黒コショウなどに含まれていると言われています。

これらの食品にはフェイトケミカルと言う成分があり、セラミドの生成を強力にサポートしてくれます。
フェイトケミカルは植物が持つ自己防衛機能のことで、例えば、ポリフェノールやイソフラボン、カプサイシンなどもその仲間です。

セラミドで保湿効果を強力アップさせたいなら直接肌につけましょう

セラミドは先ほども述べたように食品からも生成をサポートさせることが出来ますが、効果的に取り入れるなら、肌の外側から塗布することがおすすめです。

セラミドの中でもヒト型セラミドを配合しているクリームを使って、角質層まで十分にセラミドを届けることが出来れば、効率的にセラミドを吸収するようになります。

補足的にサプリメントでもセラミドを摂取したい場合は、劇的な変化は望めませんが、微量であってもセラミドを増量させることが出来ますから、毎日の習慣にするとカロバイプラスも良いです。
あくまでもサプリメントは補足的なものとして捉えるのが良く、塗布することに重点を置いた方が良いです。